投稿

ラベル(丹沢)が付いた投稿を表示しています

関東神社巡り 横須賀の神々3

イメージ
以前(2009年)自転車であちこち走り回っていた頃、走水神社の神職者さんの行列を見かけた 撮影はE-520 + 12-60mm F2.8-4 当時はあまり神社というものに興味は無かったのだが、この光景がやけに心刻まれていた 時は流れて2024年、古代史散策と神社巡りが趣味となり、再び走水神社に行った 走水神社は創建年代は不明 御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)と御后の弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)の二柱だ  日本武尊の東征のため、房総半島に渡る足がかりの地となる横須賀、そして走水神社 古代東海道はここから海を渡り、房総へ向かうということらしい 房総へ渡る時に暴風雨にあい、それを鎮めるために犠牲となった弟橘媛命 その伝説はここ横須賀だけでなく対岸である房総側にも多くある 何しろ木更津や君津の地名の由来も日本武尊が弟橘媛命を偲んで、「キミサラズ」が訛ったという話もある 奥ノ院に行くと面白い摂社があった 古代稲荷社ということらしい あまり見たことがない 向かって左から諏訪社(タケミナカタ)、神明社(アマテラス)、須賀社(スサノオ) 多分ここが元宮なのだろうと思ったが、国津神であるタケミナカタが祀られているというのは若干違和感がある 高台にあることからこの地は昔から津波や高波からの避難地であったと感じた 水も豊富な場所であったことから、ここは日本武尊が来る前から地域住民が集まる重要な拠点だったと感じた ここ走水神社には河童も祀られている 河童たちは散々いたずらして住民たちを困らせてきたが、大津波の時に罪滅ぼしということで、住民達を守るために河童達は奔走したが、虚しくも河童達はみな滅びてしまったという綺麗な伝説だ 奥にあるのが水神社 河童が祀ってある 正直言って怪しい伝説だなと感じた 多分河童は多分泳ぎの達者な漁業に精通した元からいた先住民、または先に開拓した人々のことだと思う ヤマト政権側の入植者達は先住民を滅ぼしたのだろう そういう意味ではこの伝説は怨霊信仰のひとつではないかと感じた  そういえば以前トレッキング趣味で奥多摩や丹沢に行くとやたら日本武尊の名前も見かけた 御岳山や大岳山の狛犬は狼だ 日本武尊を狼が案内したと言う伝説が

体調を崩す、年齢やらなんやらに敗北中

イメージ
先月の22日、久しぶりに丹沢へ行った 久しぶりの登山なので、リハビリを兼ねて軽いコースと思い、ヤビツ峠から岳の台経由で三ノ塔というコースを選んだ 事前に地形図などで高低差を確認したが、ヤビツ峠から三ノ塔までは500m程しかなく、陣馬山程度だろうと思っていた 途中、脱水症状になったり、膝に激痛が走ったり、メマトイの大群に付き纏われたりしたが、どうにか登山を終えて帰路についた 翌日は想定どおりの筋肉痛 たまたま家の近くがオリンピックのロードレースのコースだったこともあり、翌々日は筋肉痛の身体を引き摺って炎天下の中、レース撮影 異常を感じたのは翌々々日 男子のロードレースの撮影に向かう時に自宅のマンションの階段を降りることができない 筋肉痛といえば筋肉痛なのだが、登山から3日を過ぎても和らぐこともなく悪化している どうにか撮影を終えて家に戻ったが、全身の関節が痛い 普通に歩くことがきつい 夜になっても体調は戻らず、試しに体温を計る 39.8度だ 解熱剤代わりにバファリンを飲んで早めに寝る 翌日は仕事だ  翌日の朝は37度まで下がった 安心していたが、昼過ぎにはまた調子が悪くなる 再び熱を測ったら、今度は40度越え これはまずいと思い、仕事を切り上げる 時期が時期なので新型コロナを疑ったが、味覚異常やデルタ株特有の鼻水、頭痛はない 念のため、掛かり付けの診療所で診断を受ける CTスキャンと血液検査の結果、肺に異常はなく、白血球の増え方が細菌性(ウイルス性ではない)とのことで、何らかの細菌性感染症か熱中症との診断結果だった 抗生物質と痛み止めをもらい、三日間ほど安静にしていたら復調した 今回の事で自分の身体の衰えに衝撃を受けてしまった なので、夏の登山計画は全て白紙とした 涼しくなる秋以降に延期だ 教訓: もう若くない リハビリ登山は高尾山 精神と身体のギャップを自覚しよう 

大山の菩薩たち

イメージ
大山の菩薩たちに新年のご挨拶 登山記録: https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1696560.html 登山動画 登山コース 使用機材: カメラ: α7ii レンズ: SEL24240 動画: Gopro Hero 6