投稿

ラベル(的中)が付いた投稿を表示しています

セントライト記念を予想する 2022

イメージ
菊花賞トライアルのセントライト記念 菊花賞自体は神戸新聞杯組の方が強いイメージはあるが、ここで適性をしっかり確認したい 本命は器用な感じのガイアフォース 道悪でも期待できそうだ 対抗はアスクビクターモア ダービー3着は伊達じゃない 単穴になりそうな馬は見当たらないので、あとは連対馬としてローシャムパークとボーンディスウェイ 馬券に絡みそうなセイウンハーデス、キングスパレス オニャンコポンはいまいち信用できないので外した 連休最後は気持ちよく終わりたいな~

札幌記念を予想する 2022

イメージ
夏競馬の総決算 スーパーG2、札幌記念 夏競馬は苦手だけど、G1クラスの札幌記念を予想してみたい ソダシ、ハヤヤッコの白馬2頭のワンツーがみたいので、本命と対抗にした ジャックドールは成績順当、アンティシペイトは洋芝適正で評価を高くした パンサラッサとグローリーヴェイズはそろそろ目覚める頃かな

宝塚記念を予想する 2022

イメージ
上半期最後のG1、宝塚記念 去年は的中してしっかり回収もできたが、今年はどうだろうか 今年も人気薄が馬券に絡んできそうな雰囲気がある タイトルホルダーは天皇賞春や日経賞見て、現役最強馬と思っている 阪神での相性も良さそうだ なので、本命とした 本命以外は迷うが、対抗はオーソリティ 強い馬だと思うがG1で結果が出せていない そろそろガッツリ勝って欲しい気もする 単穴は実績十分なディープボンド、注目馬は大阪杯で強かったポタジェ この4頭のうち2頭は絡んでくるものと考えている ここに絡む連対馬はエフフォーリア、アリーヴォ これ以外に気になるのはアフリカンゴールド、ヒシイグアス 三連複の一角には入れておきたい 【6/24 修正】 オーソリティの過去実績を見ると凡戦もあり得ると判断した よって対抗をオーソリティからアリーヴォに変更 オーソリティは連対馬とする 大阪杯の上位馬は確実に馬券に絡む、という方針に切り替えたため、注目馬をポタジェからディープボンドに変更 ポタジェは単穴とし、ヒシイグアスは連対馬に変更とする 吉と出るか凶と出るか

安田記念を予想する 2022

イメージ
春のG1最終戦、安田記念 今年は的中率こそ高かったものの、トリガミばかりで回収率は低かった 最終戦の安田記念でしっかり締めたい ということで、予想 東京マイルは時計、東京適性が重要だ そうなるとイルーシヴパンサー、シュネルマイスター、ファインルージュは鉄板かと思う それに加えて実績は申し分ないレシステンシアも上位に食い込んで来ると思う 連対馬としては実績のあるソングライン、斤量有利なセリフォス、レーン騎手で古馬G1初勝利を狙うサリオスを入れたい 他に気なるのはフェブラリーステークス勝ち馬のカフェファラオ、チャッカリ3位あたりに食い込みそうなカラテあたりを三連複の紐に入れたい

日本ダービー(東京優駿)を予想する ついでに目黒記念も 2022

イメージ
ダービーの季節、夏はここから始まる 俳句で言ったら夏の季語のような気がする 皐月賞上位馬を見る限り、もう勝負あったと言いたい でも、侮れない馬も見受けられるので、先入観に囚われずに予想してみた 皐月賞上位馬であるドウデュース、ジオグリフ、イクイノックスは軸からは外せない 実力差は僅差で甲乙つけがたい 少なくともこのうちの2頭は馬券に絡むはずだ 穴馬としてはNHKマイルCの走りが衝撃的だったマテンロウオリオンをあげておく 連対馬としては、前走レコード勝ちのアスクワイルドモア、皐月賞好走のダノンベルーガをあげておきたい これ以外だとセイウンハーデスの走りは侮れない、青葉賞組のブラダリア、ホープフルステークス勝ち馬のキラーアビリティを三連複の紐としたい

オークス(優駿牝馬)を予想する 2022

イメージ
桜花賞の結果で混戦になるかと思ったら、冷静にデータとレース内容を見たら人気のとおりになりそうだ ということで、予想 桜花賞でのスターズオンアースの伸びは侮れない 東京適性もある サークルオブライフも同様で2頭のアタマで決まりそうだ ただエリカヴィータは距離もコースもともに適性が高そう 勝負根性もある ナミュールは桜花賞からの巻き返しがありそうだ 連対馬としてはアートハウス、プレサージュリフトが期待できそうだ これ以外だとスタニングローズ、ルージュエヴァイユ、パーソナルハイあたりを紐で買いたい

ヴィクトリアマイルを予想する 2022

イメージ
とにかく荒れるヴィクトリアマイル 今年も荒れる要素満々 ただでさえ荒れる事の多い東京マイル 普段マイルを主戦にしてない馬が出るので予想が読みにくい ということで、予想 いちおう三連単も買うけど、何が勝つのかさっぱりわからないので先週同様三連複と馬連で買うだろう とりあえずレイパパレで置きにいって、対抗にレシステンシアを置いてみた 距離が合わないかもしれないが、アカイイトを単穴としてみた デアリングタクトも軸にするかは迷ったが、長期休養開けが気になるので軸からは外した ソダシも期待できるが軸としては選べなかった ファインルージュはいいとこいけそうだ これ以外だとマジックキャッスル、アンドヴァラナウト、シャドウディーヴァあたりが気になるので、紐として入れてみる 荒れるレースは思い切った馬を予想に入れてみる

NHKマイルカップを予想する 2022

イメージ
荒れる東京マイル 翌週のヴィクトリアマイルと合わせて予想が難しいレースが続く タフさが要求される東京マイルを制する三歳馬は? ということで、予想 予想のベースになるレースはニュージーランドTとアーリントンCだ そこでの好走馬ということで、本命と対抗はそれぞれマテンロウオリオン、ダノンスコーピオンとした 単穴はタイセイディバイン、注目はジャングロだ 連対馬としてはソネットフレーズ、ソリタリオ、セリフォス、キングエルメスとした 荒れるレースと想定して、三連複と馬連で馬券を狙う

天皇賞(春)を予想する 2022

イメージ
天皇賞(春)の季節 距離があって難しい印象だが、意外に的中率は高い ※但しトリガミ 距離適正という意味では菊花賞、阪神大賞典あたりで好走している馬が狙い目だろう なぜかステイヤーズステークス組は意外に勝ててない ということで、予想 ディープボンドとタイトルホルダーの一騎打ちかと思いきや、アイアンバローズあたりも侮れない シルヴァーソニックあたりも穴をこじ開けてくれる気がする ヒートオンビートは勝ちこそ無いが馬券には絡むかもしれない これ以外だとユーキャンスマイル、マカオンドール、テーオーロイヤルあたりも三連複の紐で買ってみたい

大阪杯を予想する 2022

イメージ
なんとなく苦手意識のある大阪杯 最近不調続き ここらで挽回したいが、苦手意識が先立ってしまう エフフォーリアとジャックドールは鉄板だと思うが、斤量有利のアカイイトが絡むんじゃないかと予想 アリーヴォあたりもルメールから武豊への乗り代わりで、流れが変わりそうだ ヒシイグアスとレイパパレも有力だ これ以外だとポタジェ、ステラリア、アフリカンゴールドも気になるが、軸には持ってこれない 三連複の紐だろう

フェブラリーステークスを予想する 2022

イメージ
今年最初のGi、フェブラリーステークス 迷ったあげく、過去実績重視でいくことにした ソダシは外した 少し騒ぎすぎ この馬は芝の1600以下の路線の方が向いていると思う

東京大賞典を予想する 2021

イメージ
今年最後のG1、東京大賞典 固めのレースという印象がある それは強い中央の馬が集まるからだ でも、大井などの地方の砂は深いという そういう意味では大井向き、というか地方の砂に強い中央馬が勝つ感じだ ということで、予想 負け続きなので少し弱気になっているが、今年の最後は笑いたい

朝日杯を予想する 2021

イメージ
2歳牡馬のG1、朝日杯フューチュリティステークス 毎年武豊の走りに期待しつつ、落胆するという年末を繰り返している ただ、今年は期待できそうだ ※そう言いつつ、先週もダメだった とりあえず予想 ◎ 9 ドウデュース  まだまだ底を見せていない 今年こそ武豊 それに期待するしか無い ○ 4 セリフォス  無敗で制覇できるか 血統的にマイル戦は強そうだ ▲ 13 ジオグリフ  先行でも追い込みでもいける器用な馬だと思う ☆ 12 トウシンマカオ  前走はキングエルメスにやられてしまった アタマは獲れないだろうけど、馬券にはしっかり絡んできそうだ △ 7 ダノンスコーピオン  勝負根性のある馬だと思う △ 11 ドーブネ  決め手に弱さを感じるが、成長を期待できるかな これ以外ではオタルエバー、トゥードジボン 2歳馬は難しいな

チャンピオンズカップを予想する 2021

イメージ
年末の東京大賞典と並ぶダートのG1レース 比較的固いレースという印象だが、今年はどうだろうか リピーターが多く、経験値がものを言うとレースと言われている ということで、予想は以下のとおり ◎ 5 エアスピネル 実績は申し分ないが、人気薄なので獲れれば美味しい ○ 13 チュウワウィザード 鉄板 昨年の覇者と言うことで買わない手はない ▲ 6 テーオーケインズ 右回りも左回りいける万能で確実性のある馬 ☆ 16 カフェファラオ 実績は申し分ないが、前2走はイマイチ 中央の砂で強さを取り戻して欲しい △ 4 インティ ここで走るのかよって去年裏切られた ベテランで侮れない △ 14 ダノンファラオ 人気薄だが、左回りは良い印象 横山武騎手に期待したい 他に気になる馬はソダシとカジノフォンテン ソダシは初めてのダートで距離も長いので不安要素バリバリ レコード勝ちするかと思えば凡走もあり、話題には事欠かない馬だ カジノフォンテンも地方の重賞では中央馬に勝っているが、中央の馬場でどこまで通じるが不安要素 ただ、Mデムーロ騎手に乗り変わりなのは良いかもしれない この辺りの馬は馬連のヒモなら買ってもいいかもしれない

ジャパンカップを予想する 2021

イメージ
今年もJC(ジャパンカップ)の季節がやってきた 今年もダービー馬、オークス馬が集まった豪華なメンバーだ また、今年のJCは世界の強豪馬、有名ジョッキーが集まっているので楽しみだ まずは予想 ◎ 7 オーソリティ アルゼンチン共和国杯の走りは度肝を抜かれた 有馬記念につながらないレースだが、JCなら問題ない 疲れが気になるところだが、期待を込めて本命にした ○ 2 コントレイル 最強馬と言われつつ、菊花賞以降イマイチ勝ち切れていない 一番人気になるのは納得しているが、いつも誰かに勝ちを阻まれる宿命を背負った馬のように思えるので対抗とした ▲ 4 シャフリヤール 前走は道悪の影響もあって情けない結果となった 強い馬はどんな条件でも馬券に絡むという事を考えると、ダービー馬といえど強い馬とは言えない でも今回は良馬場なので、そこそこ走れると思うので単穴とした ☆ 6 グランドグローリー 大穴と言えばこの馬 何かやりそうなCデムーロ騎手に、斤量有利な点を考えて馬券に絡む気がする JCに狙いを定めて仕上げてきたという話もあり、ここは期待を込めて☆とした △ 3 ブルーム 過去実績を考えても凄い馬だと思うし鞍上はムーア騎手だし、馬券に絡む可能性はある △ 18 ジャパン やっと組めた武豊騎手とのコンビ 名前のとおりジャパンでレジェンドの武豊騎手でジャパンカップという、普段は採用しないオカルト馬券だが、期待せずにはいられない △ 12 サンレイポケット 前走は勝ちこそ無いが、その走りは注目に値する 上位馬に比べると弱含みの△ △ 14 ユーバーレーベン 前走はよく分からない負け方だが、得意の東京で復活を願う サンレイポケット同様、弱含みの△

マイルチャンピオンシップを予想する 2021

イメージ
先週エリザベス女王杯のボロ負けから少々意気消沈気味 春のG1シリーズは当たる順番が巡っていたが、秋は巡っていないようだ とはいえ、ここらで運を手繰り寄せたい ということで、マイルチャンピオンシップの予想 ◎ 12 グランアレグリア 疲労が気になるが、主戦とするマイル戦、おまけに引退レースなので有終の美を期待したい ○ 7 インディチャンプ グランアレグリアを負かすならこの馬 名手福永祐一騎手の手腕を期待したい ▲ 4 サリオス 勝ちきれるかは分からないが、馬券にはしっかり絡んできそうだ ☆ 3 シュネルマイスター インディチャンプ同様、グランアレグリアを負かす馬として可能性あり △ 6 ケイデンスコール 荒らすならこの馬だ 阪神では好成績だ △ 9 グレナディアガーズ 馬券には絡む可能性はある △ 11 カテドラル グレナディアガーズを買うならこの馬も買わないとつじつまがあわない よく見ると 去年の予想 とあまり変わってないな... 大丈夫か、俺...

天皇賞(秋)を予想する 2021

イメージ
先週はかすりもしない結果だったので、今週こそは巻き返しをしたい 天皇賞(秋)ってジャパンカップと混同して印象が薄い でも距離は2000mなので、コーナーは3回 先行有利といいつつ、上がりの時計も重要だ ということで、予想 ◎ 5 エフフォーリア コントレイルと実力は拮抗 アタマはどちらでも良かったが、福永騎手相手にダービーの雪辱を果たして欲しいので本命にした ○ 1 コントレイル 最内枠だし、もう言うことなし 鉄板だ でも横山武騎手に勝って欲しいので対抗にした ▲ 14 カレンブーケドール 穴的な存在と言えば、この馬かな 惜しいレース多いので、ここらで見せ場があってもいい ☆ 9 グランアレグリア 不安な要素は距離だけ 大阪杯は道悪であったが、ひと伸び足りない印象 マイル戦なら本命なんだけどね ただ、ヨーイドンの展開なら最後の直線で分はあると思う △ 4 ポタジェ 東京適性高いと思うので、△ △ 15 ヒシイグアス 調子もいいし、東京適性も高いので、△ 他に気になるといえばサンレイポケットだけど、人気上位馬に食い込める想像がわかないので、無印とした

秋華賞を予想する 2021 ※10/17修正

イメージ
競馬関連のブログを書き始めて丁度1年たった 自分の予想方法は時計、過去レースの参考、血統を見るというやり方だ 競馬関連のブログを書いていて思うのは、以前は予想したものをアタマの中でモヤモヤと朧気にしていたので、何でこの馬を選んだのか外したのかと言う理由を忘れてしまうことが多かった だが、文字として具体的に残すことによって、後々のデータとしても使えることが生きている それがこの一年はちょっとばかりプラスになっているのかなと思っている なので、競馬を続ける限りこのブログは続けていこうと思う さて牝馬クラシック最後のレース、秋華賞 去年と違い今年は阪神競馬場で開催だ どうも牝馬クラシックが苦手で、上手いこと馬券を獲れていない このレースでどうにか苦手を克服したい という事で予想だが、 ◎ 14 ファインルージュ 前走紫苑Sのレース結果が良かった 阪神適正も問題なし これにつきる ○ 11 ユーバーレーベン オークス馬で、阪神適正もミルコ・デムーロ騎手との相性も良さそうだ ▲ 16 ミスフィガロ 紫苑S組 3着とはいえ最後のひと伸びは捨てがたい 前走マカヒキを勝利に導いた藤岡康太騎手にも期待したい ☆ 2 ステラリア 前々走の忘れな草賞は良い走りだったが、前走オークスは川田将雅騎手の戦略ミスだと考えている 中段で足をしっかり溜める武豊騎手に期待したい △ 4 ソダシ 外せない人気馬だが、勝ちきれるかどうか 馬券に絡んでくる可能性は高いと思う △ 12 アカイトリノムスメ オークス2着馬だが、東京向きかな 阪神で通用するかな その他気になった馬としては、紫苑S組のスルーセブンシーズ は最後のひと伸びが弱い印象 エイシンヒテンはソダシとの先行争いで力尽きるだろう アンドヴァラナウトはけっこう迷ったが、強い馬とのレースが未経験な点をマイナスとした と言いつつ、ガチガチの人気上位馬で決着がつきそうな気がする.... 【10/17修正】 天気のことを考えて道悪実績のあるスルーセブンシーズも加えることにした ついでに▲をスルーセブンシーズとし、ミスフィガロは△とした どう転ぶだろうか...

毎日王冠、京都大賞典を予想する

イメージ
毎日王冠と京都大賞典、どちらも秋のG1シリーズへのステップレース まずは毎日王冠 ここは安田記念上位組が有利と考えた なにしろレベルの高いレースだったと思う あとは東京の長い直線には力が要求されるので、東京向きの馬はどれかで考えた ◎ 7 ダノンキングリー ○ 1 シュネルマイスター ▲ 6 カデナ △ 2 サンレイポケット △ 5 ポタジェ △ 8 ダイワキャグニー 上位2頭で決まりと思うが、カデナあたりが空気を読まずに2着あたりに食い込んでくるかもしれない 3着争いは東京向き、このコースに合ってそうな馬を選んでみた つぎに京都大賞典 ◎ 1 アイアンバローズ ○ 11 キセキ ▲ 14 ヒートオンビート △ 9 アリストテレス ラスト3ハロンの決め手を出せるかどうか、阪神向きかどうかを基準に考えた 最後の足基準なら斤量の低いアイアンバローズ、目黒記念で強かったヒートオンビートあたりかと思う キセキは前半でしっかり足を溜めておけばこの相手なら勝てる可能性は十分ある アリストテレスは勝ちは無くとも上位に割って入ることを期待したい

スプリンターズステークスを予想する ※凱旋門賞も

イメージ
秋のG1シリーズ開幕! スプリント系のレースは苦手意識がある とくに中山1200は先行逃げ切りで勝ちきれないレースであるため、中山以外の1200で先行で勝った馬を無条件で選べない そうなると中山巧者の馬がひとつの基準にあるが、そういう馬もあまりいないようだ 予想は以下の通りだ 上位3頭にそれぞれ印をつけたものの、どれが勝ってもおかしくない ピクシーナイトはこれからの期待と斤量有利、ダノンスマッシュは中山巧者、レシステンシアは実績とルメールで選んだ △とした馬もけして見劣りはない ファストフォースはピクシーナイトに勝ってるし、クリノガウディーはあと少しで勝ちに届きそうだし、ジャンダルムは勝ちこそなくとも馬券に絡んでくる可能性は十分にある まずはG1初戦でしっかり馬券を獲りたい