投稿

ラベル(中京)が付いた投稿を表示しています

オールカマー、神戸新聞杯を予想する 2022

イメージ
オールカマー、神戸新聞杯 それぞれ秋のG1の前哨戦だ まずは神戸新聞杯 前週のセントライト記念同様、菊花賞トライアルとなるレースだ 天気が気になるところだが、今のところ9/25は晴れる見込みだ また、クラシック上位馬が不在ということもあって、混戦が予想される 本命は末脚が魅力のジュンブロッサム 対抗は2戦目で良い時計を出したパラレルヴィジョン これ以外はとくにこれといった馬が見当たらないのだが、中京適性が高いと思われるボルドグフーシュを単穴にした 連対馬はリカンカブール、サトノヘリオス、ブラダリアあたりだろうか 次にオールカマー 天皇賞(秋)の前哨戦となるレースだが、こちらも神戸新聞杯同様役者が少ない感じだが、こちらは荒れる要素は少なそうだ 本命は復活が予想されるデアリングタクト、対抗はジェラルディーナ 牝馬2頭のワンツーとなりそうだ 中山適性のありそうなヴェルトライゼンデを単穴に、連対馬はソーヴァリアント、テーオーロイヤル、キングオブドラゴンをあげておきたい ただ気になるのは天気だけ

ローズステークスを予想する 2022

イメージ
秋華賞トライアルとなるローズステークス 過去10年のデータを見る限り、人気薄が絡んでくる結果が多いようだ しかも今年は台風の影響もあって道悪が予想される ますます荒れる要素が増えた ということで予想だが、 道悪&中京実績のあるセントカメリアを本命、対抗は直線の伸びが魅力なサリエラ、単穴は道悪実績のあるルージュリナージュとした 連対馬としてはミナモトフェイス、パーソナルハイ、エグランタインとする 現時点で一番人気のアートハウスは川田の人気先行と思うので外した 正直言って当たる気はしない 読めない

セントウルステークスを予想する 2022

イメージ
まもなく始まるG1シーズン 感覚の取り戻しとスプリンターズステークスの前哨戦ということで、予想してみた ソングラインとメイケイエールは鉄板だろう 両馬とも実績からいって申し分ないが、G1での実績から見てソングライン優勢と判断した 距離短縮も期待できそうだ 単穴はダディーズビビッド 近2走の中京実績と時計で判断した これ以外にはタイセイアベニール、サンライズオネストあたりだろうか 余談ですが、予想しながら重大な間違いをしてしまった スプリンターズステークスの前哨戦ということと、中京の「中」で勘違いして中山でのレースだと思い込んでしまった もう少しで間違った馬券を買ってしまうところだった

高松宮記念を予想する 2022

イメージ
高松宮記念 去年と同様、予想しづらいレース 去年は荒れそうだと思いつつ、思いっきりガチガチ決着 今年も去年同様ではないかと思いつつ、荒れた展開を期待したい ▲、☆及び△にそれぞれ人気薄の馬を入れてみた ボックスで買う方が良さそうだ 上記以外に気になるのはサリオス、レイハリア、トゥラヴェスーラ、ダイアトニック 三連複の紐でいれてみたい ロータスランドは迷う...

金杯で乾杯したい 2022

イメージ
今年も金杯から予想はじめ ハンデ戦と言うこともあって、難しいレース なので、能書きはあまり書かず本命に絞った予想にする まずは中山金杯 本命はトーセンスーリヤ 小回りのきくコースでも良い時計を出している 中山適性も良さそうだ そして京都金杯 本命はカイザーミノル 直線の長いコースでしぶとく勝ちきるイメージ 今年こそ金杯で乾杯を!

チャンピオンズカップを予想する 2021

イメージ
年末の東京大賞典と並ぶダートのG1レース 比較的固いレースという印象だが、今年はどうだろうか リピーターが多く、経験値がものを言うとレースと言われている ということで、予想は以下のとおり ◎ 5 エアスピネル 実績は申し分ないが、人気薄なので獲れれば美味しい ○ 13 チュウワウィザード 鉄板 昨年の覇者と言うことで買わない手はない ▲ 6 テーオーケインズ 右回りも左回りいける万能で確実性のある馬 ☆ 16 カフェファラオ 実績は申し分ないが、前2走はイマイチ 中央の砂で強さを取り戻して欲しい △ 4 インティ ここで走るのかよって去年裏切られた ベテランで侮れない △ 14 ダノンファラオ 人気薄だが、左回りは良い印象 横山武騎手に期待したい 他に気になる馬はソダシとカジノフォンテン ソダシは初めてのダートで距離も長いので不安要素バリバリ レコード勝ちするかと思えば凡走もあり、話題には事欠かない馬だ カジノフォンテンも地方の重賞では中央馬に勝っているが、中央の馬場でどこまで通じるが不安要素 ただ、Mデムーロ騎手に乗り変わりなのは良いかもしれない この辺りの馬は馬連のヒモなら買ってもいいかもしれない

G1が近いためG2で小手調べ

イメージ
9月も終わりに近づいて、G1の季節が近づいてきた そろそろ馬券感をとり戻さないといけない ということで、久しぶりの競馬予想 まずはオールカマー 秋のG1シリーズにも関わるレースだ 本命レイパパレ、対抗グローリーヴェイズかウインマリリン 穴馬としてキングオブコージといったところだろう レイパパレが大崩れすることはないと思うので、本命は鉄板だろう グローリーヴェイズもウインマリリンも常に惜しいレースだが、ここで馬券に絡むことは間違いないだろう 若干注目は弱いようだが、キングオブコージが上位に割って入ることを期待したい あとはランブリングアレーとステイフーリッシュも捨てがたい 続いて神戸新聞杯 菊花賞トライアルのレースで、上位3着までに優先出走権が与えられる こちらは固いレースと思う まずダービー馬のシャフリヤールが本命 対抗はダービー3着のステラヴェローチェ このあたりはカチカチの鉄板 あと3着馬はセファーラジエルかキングストンボーイ キングストンボーイは青葉賞での好成績はあてならないが、ルメールなので印を打った セファーラジエルは前走の時計で選んだ まずは小手調べでいってみよう

高松宮記念を予想する

イメージ
春のG1シリーズ開幕初戦 苦手意識のあるレース 固く終わる気がしないので、ちょっと冒険してみた ◎インディチャンプ  名のある重賞で実績がある馬 距離短縮は吉と考える ○ダノンファンタジー  距離短縮と枠、騎手が吉と考えた ▲ラウダシオン  これからはスプリンターとして活躍する馬と思う ☆ミッキーブリランテ  外枠なので、少々不利 2,3着を期待したい △ダノンスマッシュ  もうちょい内枠なら重い印としたが、高松宮で外枠は厳しい △レシステンシア  ダノンスマッシュと同じ理由 これら以外だと、③ライトオンキュー、⑮マルターズディオサも捨てがたいので三連複では買っておく

金杯を予想する

イメージ
※最近は競馬予想サイトになってしまったな 競馬は基本G1だけやると決めているが、金杯だけは別 年末の有馬記念や東京大賞典で勝っていればその勝ちを維持できるか、負けていれば取り返すかを占うレースだ まずは京都金杯 京都は固そうだ ただ、少しの荒れを期待したい シュリは一番人気の武豊 武豊が勝つと縁起がいい シュリは実際強い馬なので勝てると思う キャピタルステークス組もいけると思う ケイアイノーテックはこの相手ならいい競馬ができる 次に中山金杯 中山は荒れそう ディープボンドが何故人気なのかよく分からないが、とりあえず△ カデナはこの相手なら勝つと思う 皇成はこれで汚名返上しよう ヒシイグアスは中山は走る、ダーリントンホールは人気薄だがディープボンドより走れると思う ロザムールも中山は走ると思う

チャンピオンズカップを予想する

イメージ
先週のガチガチだったジャパンカップの次はちょい荒れがありそうなチャンピオンズカップ このところ、馬券は当たってはいるがトリガミばかりで儲けがない 今週こそはきちっと当てて儲けたい 印 馬番 馬名 理由 ◎ 15 クリソベリル 絶対王者 国内最強馬 どんな条件でもいける 鉄板 ○ 5 クリンチャー クリソベリルに対抗できそうなのはサンライズノヴァとこいつかな ▲ 8 サンライズノヴァ 左回りと直線が長いコースに向いていると思う ☆ 9 アルクトス 2、3着に食い込んできそう △ 7 カフェファラオ ストップ・ザ・ルメール もうルメールの勝ち鞍は飽きたけど、馬券にはしっかり絡みそう △ 11 チュウワウィザード 自在性もあり安定している馬だと思う しっかり馬券には絡んできそう