体調を崩す、年齢やらなんやらに敗北中

先月の22日、久しぶりに丹沢へ行った

久しぶりの登山なので、リハビリを兼ねて軽いコースと思い、ヤビツ峠から岳の台経由で三ノ塔というコースを選んだ 事前に地形図などで高低差を確認したが、ヤビツ峠から三ノ塔までは500m程しかなく、陣馬山程度だろうと思っていた



















途中、脱水症状になったり、膝に激痛が走ったり、メマトイの大群に付き纏われたりしたが、どうにか登山を終えて帰路についた

翌日は想定どおりの筋肉痛 たまたま家の近くがオリンピックのロードレースのコースだったこともあり、翌々日は筋肉痛の身体を引き摺って炎天下の中、レース撮影














異常を感じたのは翌々々日 男子のロードレースの撮影に向かう時に自宅のマンションの階段を降りることができない 筋肉痛といえば筋肉痛なのだが、登山から3日を過ぎても和らぐこともなく悪化している どうにか撮影を終えて家に戻ったが、全身の関節が痛い 普通に歩くことがきつい

夜になっても体調は戻らず、試しに体温を計る 39.8度だ
解熱剤代わりにバファリンを飲んで早めに寝る 翌日は仕事だ 
翌日の朝は37度まで下がった 安心していたが、昼過ぎにはまた調子が悪くなる
再び熱を測ったら、今度は40度越え これはまずいと思い、仕事を切り上げる

時期が時期なので新型コロナを疑ったが、味覚異常やデルタ株特有の鼻水、頭痛はない
念のため、掛かり付けの診療所で診断を受ける CTスキャンと血液検査の結果、肺に異常はなく、白血球の増え方が細菌性(ウイルス性ではない)とのことで、何らかの細菌性感染症か熱中症との診断結果だった

抗生物質と痛み止めをもらい、三日間ほど安静にしていたら復調した

今回の事で自分の身体の衰えに衝撃を受けてしまった
なので、夏の登山計画は全て白紙とした 涼しくなる秋以降に延期だ

教訓:
もう若くない リハビリ登山は高尾山
精神と身体のギャップを自覚しよう 

コメント

このブログの人気の投稿

自分の趣味は何だろう?

東京オリンピックでのワンシーン