投稿

ラベル(競馬)が付いた投稿を表示しています

宝塚記念を予想する 2022

イメージ
上半期最後のG1、宝塚記念 去年は的中してしっかり回収もできたが、今年はどうだろうか 今年も人気薄が馬券に絡んできそうな雰囲気がある タイトルホルダーは天皇賞春や日経賞見て、現役最強馬と思っている 阪神での相性も良さそうだ なので、本命とした 本命以外は迷うが、対抗はオーソリティ 強い馬だと思うがG1で結果が出せていない そろそろガッツリ勝って欲しい気もする 単穴は実績十分なディープボンド、注目馬は大阪杯で強かったポタジェ この4頭のうち2頭は絡んでくるものと考えている ここに絡む連対馬はエフフォーリア、アリーヴォ これ以外に気になるのはアフリカンゴールド、ヒシイグアス 三連複の一角には入れておきたい 【6/24 修正】 オーソリティの過去実績を見ると凡戦もあり得ると判断した よって対抗をオーソリティからアリーヴォに変更 オーソリティは連対馬とする 大阪杯の上位馬は確実に馬券に絡む、という方針に切り替えたため、注目馬をポタジェからディープボンドに変更 ポタジェは単穴とし、ヒシイグアスは連対馬に変更とする 吉と出るか凶と出るか

安田記念を予想する 2022

イメージ
春のG1最終戦、安田記念 今年は的中率こそ高かったものの、トリガミばかりで回収率は低かった 最終戦の安田記念でしっかり締めたい ということで、予想 東京マイルは時計、東京適性が重要だ そうなるとイルーシヴパンサー、シュネルマイスター、ファインルージュは鉄板かと思う それに加えて実績は申し分ないレシステンシアも上位に食い込んで来ると思う 連対馬としては実績のあるソングライン、斤量有利なセリフォス、レーン騎手で古馬G1初勝利を狙うサリオスを入れたい 他に気なるのはフェブラリーステークス勝ち馬のカフェファラオ、チャッカリ3位あたりに食い込みそうなカラテあたりを三連複の紐に入れたい

日本ダービー(東京優駿)を予想する ついでに目黒記念も 2022

イメージ
ダービーの季節、夏はここから始まる 俳句で言ったら夏の季語のような気がする 皐月賞上位馬を見る限り、もう勝負あったと言いたい でも、侮れない馬も見受けられるので、先入観に囚われずに予想してみた 皐月賞上位馬であるドウデュース、ジオグリフ、イクイノックスは軸からは外せない 実力差は僅差で甲乙つけがたい 少なくともこのうちの2頭は馬券に絡むはずだ 穴馬としてはNHKマイルCの走りが衝撃的だったマテンロウオリオンをあげておく 連対馬としては、前走レコード勝ちのアスクワイルドモア、皐月賞好走のダノンベルーガをあげておきたい これ以外だとセイウンハーデスの走りは侮れない、青葉賞組のブラダリア、ホープフルステークス勝ち馬のキラーアビリティを三連複の紐としたい

オークス(優駿牝馬)を予想する 2022

イメージ
桜花賞の結果で混戦になるかと思ったら、冷静にデータとレース内容を見たら人気のとおりになりそうだ ということで、予想 桜花賞でのスターズオンアースの伸びは侮れない 東京適性もある サークルオブライフも同様で2頭のアタマで決まりそうだ ただエリカヴィータは距離もコースもともに適性が高そう 勝負根性もある ナミュールは桜花賞からの巻き返しがありそうだ 連対馬としてはアートハウス、プレサージュリフトが期待できそうだ これ以外だとスタニングローズ、ルージュエヴァイユ、パーソナルハイあたりを紐で買いたい

D500を再購入してしまった

イメージ
最近はすっかり競馬予想が中心になってしまった 予約制とはいえ競馬場も入場できるようになった レースの写真も撮れるようになった でも、何か物足りない そう、思ったような写真が撮れないのだ 以前D500とD810を手放して、愛機をD850とZ6IIに変えた ついでにトレッキングやサイクリング向けにひとまわり小さい富士フイルムのX-T4、X-E3も入手した それぞれのカメラはとても素晴らしく、満足している でも.... レース写真については打率が低く、迫力のない写真を量産してしまっていた まずはX-T4 ※XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR(2倍テレコンあり) ダートコースなので、距離が遠いせいかピントは合いやすい トリミングをすることでそれなりに迫力がある感じに仕上げているが、芝コースは目前に馬が来るので、ピントが合わない事が多い そのためAF性能を少しでも良くするため、テレコンの使用をやめてみた 連写も高速連写ではなく低速連写にしたりと工夫をして、トリミングでそれなりに仕上げている ただ、被写体が遠くて迫力はなくトリミングにも限界があり、これではダメだ 次にZ6II ※AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR(1.4倍テレコンあり) ※トリミングなし 少なくともX-T4よりZ6IIの方が打率は高く、イメージも近い でもX-T4同様、目の前の被写体はピントが合わない事が多く満足できない どうもミラーレスは流し撮りが苦手なようだ 遠い被写体はピントが合うが、被写体が近づくとピントの信頼性がいっきに低下する EVF自体も見にくく撮りづらい ちなみに自分のレース写真は基本的に流し撮りが多いのだが、シャッタースピードを早めればこの問題は生じない この撮り方なら良い感じの撮り方ができる この傾向はX-T4も同じだった 連写性能は弱いが、D850でも撮ってみた ※AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR(1.4倍テレコンあり) ※トリミングは16x9のみ こちらの方がイメージに近い撮り方ができる やはり流し撮りにはレフ機なようだ もう少し迫力のあるものを撮りたいと思うと、焦点距離300mmでは物足りない 2倍テレコンでは性能も画質も心配 500mmレンズは高い うーん ふとD500を思い出した APS-Cなら焦点距離は1

ヴィクトリアマイルを予想する 2022

イメージ
とにかく荒れるヴィクトリアマイル 今年も荒れる要素満々 ただでさえ荒れる事の多い東京マイル 普段マイルを主戦にしてない馬が出るので予想が読みにくい ということで、予想 いちおう三連単も買うけど、何が勝つのかさっぱりわからないので先週同様三連複と馬連で買うだろう とりあえずレイパパレで置きにいって、対抗にレシステンシアを置いてみた 距離が合わないかもしれないが、アカイイトを単穴としてみた デアリングタクトも軸にするかは迷ったが、長期休養開けが気になるので軸からは外した ソダシも期待できるが軸としては選べなかった ファインルージュはいいとこいけそうだ これ以外だとマジックキャッスル、アンドヴァラナウト、シャドウディーヴァあたりが気になるので、紐として入れてみる 荒れるレースは思い切った馬を予想に入れてみる

NHKマイルカップを予想する 2022

イメージ
荒れる東京マイル 翌週のヴィクトリアマイルと合わせて予想が難しいレースが続く タフさが要求される東京マイルを制する三歳馬は? ということで、予想 予想のベースになるレースはニュージーランドTとアーリントンCだ そこでの好走馬ということで、本命と対抗はそれぞれマテンロウオリオン、ダノンスコーピオンとした 単穴はタイセイディバイン、注目はジャングロだ 連対馬としてはソネットフレーズ、ソリタリオ、セリフォス、キングエルメスとした 荒れるレースと想定して、三連複と馬連で馬券を狙う

天皇賞(春)を予想する 2022

イメージ
天皇賞(春)の季節 距離があって難しい印象だが、意外に的中率は高い ※但しトリガミ 距離適正という意味では菊花賞、阪神大賞典あたりで好走している馬が狙い目だろう なぜかステイヤーズステークス組は意外に勝ててない ということで、予想 ディープボンドとタイトルホルダーの一騎打ちかと思いきや、アイアンバローズあたりも侮れない シルヴァーソニックあたりも穴をこじ開けてくれる気がする ヒートオンビートは勝ちこそ無いが馬券には絡むかもしれない これ以外だとユーキャンスマイル、マカオンドール、テーオーロイヤルあたりも三連複の紐で買ってみたい

皐月賞を予想する 2022

イメージ
牡馬クラシック第一弾、皐月賞 最も速い馬が勝つレースと言われる 個人的にはここでのレース内容がダービーにもつながると考えている それは単に馬券に絡む絡まないではなく、どんなレースをしたかが重要だ 今年は混戦だろうか?下馬評どおりだろうか? 本命はイクイノックス 前走の圧巻の走りは衝撃だ 対抗はキラーアビリティ 同じ条件のホープフルステークスでの走りは捨てがたい 単穴はアスクビクターモア キラーアビリティ同様同じ条件の弥生賞が良かった ☆はダノンベルーガ 前走デビュー2戦目の走りとは思えない 皐月賞で十分期待できる 連下にはボーンディスウェイ、ドウデュース、デシエルト ドウデュースは東京向きだと思うので軸からは外した 他は穴をこじ開けてくれる気がする これ以外ではサトノヘリオスだろうか いずれにしても楽しみなレースだ

桜花賞を予想する 2022

イメージ
牝馬クラシック第一弾、桜花賞 まだ枠順も出走馬も決まってないけど、想定馬で予想してみる ナミュール、サークルオブライフは鉄板かな サブライムアンセムが穴、プレサージュリフトも狙い目 スターズオンアースとラブリイユアアイズも捨てがたい 他に気になる馬もいるが、現時点での予想はここまで

大阪杯を予想する 2022

イメージ
なんとなく苦手意識のある大阪杯 最近不調続き ここらで挽回したいが、苦手意識が先立ってしまう エフフォーリアとジャックドールは鉄板だと思うが、斤量有利のアカイイトが絡むんじゃないかと予想 アリーヴォあたりもルメールから武豊への乗り代わりで、流れが変わりそうだ ヒシイグアスとレイパパレも有力だ これ以外だとポタジェ、ステラリア、アフリカンゴールドも気になるが、軸には持ってこれない 三連複の紐だろう

高松宮記念を予想する 2022

イメージ
高松宮記念 去年と同様、予想しづらいレース 去年は荒れそうだと思いつつ、思いっきりガチガチ決着 今年も去年同様ではないかと思いつつ、荒れた展開を期待したい ▲、☆及び△にそれぞれ人気薄の馬を入れてみた ボックスで買う方が良さそうだ 上記以外に気になるのはサリオス、レイハリア、トゥラヴェスーラ、ダイアトニック 三連複の紐でいれてみたい ロータスランドは迷う...

フェブラリーステークスを予想する 2022

イメージ
今年最初のGi、フェブラリーステークス 迷ったあげく、過去実績重視でいくことにした ソダシは外した 少し騒ぎすぎ この馬は芝の1600以下の路線の方が向いていると思う

金杯で乾杯したい 2022

イメージ
今年も金杯から予想はじめ ハンデ戦と言うこともあって、難しいレース なので、能書きはあまり書かず本命に絞った予想にする まずは中山金杯 本命はトーセンスーリヤ 小回りのきくコースでも良い時計を出している 中山適性も良さそうだ そして京都金杯 本命はカイザーミノル 直線の長いコースでしぶとく勝ちきるイメージ 今年こそ金杯で乾杯を!

東京大賞典を予想する 2021

イメージ
今年最後のG1、東京大賞典 固めのレースという印象がある それは強い中央の馬が集まるからだ でも、大井などの地方の砂は深いという そういう意味では大井向き、というか地方の砂に強い中央馬が勝つ感じだ ということで、予想 負け続きなので少し弱気になっているが、今年の最後は笑いたい

ホープフルステークスを予想する 2021

イメージ
中央競馬最後のG1、ホープフルステークス 皐月賞と同じコースで、来年のクラシックを占う重要な位置づけ 朝日杯より重要だと個人的には思っている ということで、予想 【変更】 ◎ 7 サトノヘリオス コマンドラインに注目が集まっているせいで、目立ってないが相当強いと思う まだまだ伸びしろあり ○ 5 キラーアビリティ 前走こそ2着だったが、有馬記念を勝った横山武騎手ならなんとかしてくれるだろう  ▲→△ 6 コマンドライン  レースを見る限り、距離不安は無さそうだ ただ、人気どおりに早い馬なのかは懐疑的だ   →人気に惑わされないことにした  ☆→△ 15 アスクワイルドモア  ジオグリフ自体が不可解な馬とはいえ、大差をつけられて負けている  でも、札幌での後方からの追い込みは魅力的だ 武豊騎手のG1完全制覇に期待したい   →初めてのタフなコースへの不安あり  △→▲ 3 ラーグルフ  良い脚している 中山適性も問題なしで要注意   →中山適性と時計で格上げ  △→☆ 9 ボーンディスウェイ  すでに多頭数のレースも経験済みで、中山適性も高そうだ   →こちらも中山適性と時計で格上げ 他に気になるのはグランドラインとグラウンドマジック 正直言ってサトノヘリオス以外は横一線かなと思う  →2歳馬は成長が早い サトノヘリオスだけに絞るのは早計と判断した

有馬記念を予想する 2021

イメージ
年末の大一番、有馬記念 毎年、復活か有終の美か順当か大荒れかのレースだ 今年は順当な結果になりそうだ まだ枠順発表前だが、現時点での予想 ◎ エフフォーリア ○ クロノジェネシス ▲ タイトルホルダー ☆ アカイイト △ アリストテレス △ ステラヴェローチェ エフフォーリアは有馬にでるなら本命と決めていた クロノジェネシスと1,2着を争うものと想定する 3着以下はわからない 何が来てもおかしくないが、菊花賞、エリザベス女王杯の勝ち馬は有力馬だろうと予想する あとは中山適性でじっくり見定めたい

朝日杯を予想する 2021

イメージ
2歳牡馬のG1、朝日杯フューチュリティステークス 毎年武豊の走りに期待しつつ、落胆するという年末を繰り返している ただ、今年は期待できそうだ ※そう言いつつ、先週もダメだった とりあえず予想 ◎ 9 ドウデュース  まだまだ底を見せていない 今年こそ武豊 それに期待するしか無い ○ 4 セリフォス  無敗で制覇できるか 血統的にマイル戦は強そうだ ▲ 13 ジオグリフ  先行でも追い込みでもいける器用な馬だと思う ☆ 12 トウシンマカオ  前走はキングエルメスにやられてしまった アタマは獲れないだろうけど、馬券にはしっかり絡んできそうだ △ 7 ダノンスコーピオン  勝負根性のある馬だと思う △ 11 ドーブネ  決め手に弱さを感じるが、成長を期待できるかな これ以外ではオタルエバー、トゥードジボン 2歳馬は難しいな

ジュベナイルフィリーズを予想する 2021

イメージ
ジュベナイルフィリーズの時期が来ると、いよいよ年末だという実感が湧いてくる 2歳牝馬の女王を決めるだけじゃなく、来年の桜花賞につながる重要なレース 印象としては翌週の朝日杯同様固いレースというイメージだ ということで、予想 ◎ 13 ウォーターナビレラ 順調に勝ち星を重ね、コース適性も問題無さそうだ ようやく武豊のG1勝ち星になりそうだ   ○ 10 サークルオブライフ 何となくデムーロ兄弟で武豊を押さえ込むような気がする クリスチャンの援護射撃をするかもしれない ▲ 17 ナミュール この馬を対抗しても良かったが、どっちにしてもフォーメーションの軸にはするので、どちらでもいいと判断した 阪神適正はどうだろうか ☆ なし 注目馬なし △ 16 ベルクレスタ 勝ちは無いが、馬券に絡む可能性はある △ 18 パーソナルハイ 固そうと言いつつ、穴馬を入れるとしたらこの馬 末脚に魅力あり 上記以外で気になる馬はナムラクレア、キミワクイーン、ステルナティーアあたりだろうか 1頭ぐらい内枠は抑えても良いかもしれない

チャンピオンズカップを予想する 2021

イメージ
年末の東京大賞典と並ぶダートのG1レース 比較的固いレースという印象だが、今年はどうだろうか リピーターが多く、経験値がものを言うとレースと言われている ということで、予想は以下のとおり ◎ 5 エアスピネル 実績は申し分ないが、人気薄なので獲れれば美味しい ○ 13 チュウワウィザード 鉄板 昨年の覇者と言うことで買わない手はない ▲ 6 テーオーケインズ 右回りも左回りいける万能で確実性のある馬 ☆ 16 カフェファラオ 実績は申し分ないが、前2走はイマイチ 中央の砂で強さを取り戻して欲しい △ 4 インティ ここで走るのかよって去年裏切られた ベテランで侮れない △ 14 ダノンファラオ 人気薄だが、左回りは良い印象 横山武騎手に期待したい 他に気になる馬はソダシとカジノフォンテン ソダシは初めてのダートで距離も長いので不安要素バリバリ レコード勝ちするかと思えば凡走もあり、話題には事欠かない馬だ カジノフォンテンも地方の重賞では中央馬に勝っているが、中央の馬場でどこまで通じるが不安要素 ただ、Mデムーロ騎手に乗り変わりなのは良いかもしれない この辺りの馬は馬連のヒモなら買ってもいいかもしれない