投稿

ラベル(阪神)が付いた投稿を表示しています

朝日杯を予想する 2022

イメージ
2歳のG1が2週連続続く季節の到来 今週は2歳牡馬のG1である、朝日杯フューチュリティステークス 基本固めのレースだが、馬券に絡む3頭目には「おいおい」っていう馬が来たりする 素質とか血統が絡む感じは春のクラシックより強めの印象だ でも自分の予想ではあまり血統は意識していないので、あくまでたたき出す時計にこだわりたい ということで、予想 サウジアラビアRCを快勝したドルチェモアを本命、対抗と単穴にはデイリー杯2歳ステークスの上位馬であるダノンタッチダウン、オールパルフェとする まだ一戦しか経験は無いが、レイベリングには未知の力があると信じたいので連対馬とした それ以外ではバグラダス、ティニア、エンファサイズをあたりを三連複のヒモとしておきたい

ジュベナイルフィリーズを予想する 2022

イメージ
年末が近づいてきた 2歳牝馬のG1、ジュベナイルフィリーズ 自分の予想方法は基本的にレースの時計なのだが、2歳馬は成長による変化が激しいので、過去実績を大きく覆してくる そしてそれは、牡馬よりも牝馬に強く出る印象がある 多分それが苦手という意識を生み出しているのだと思う 戯言はこの辺にして、予想 アルテミスステークスの上位2頭である、ラヴェル、リバティアイランドは鉄板だろう そして、単穴は中山競馬場で直接見たサンティーテソーロを推したい 直線が短く坂のあるラストをグイグイ伸びるあの走りはぜひ本命にと思ったが、アルテミスステークスのレベルが高いので、そちらを本命対抗とした 連対馬はドゥーラ 札幌2歳ステークスの走りが秀逸だ 阪神の直線でどこまで通じるか これ以外だとキタノウィング、シンリョクカ、ミスヨコハマ、リバーラ、ムーンプローブあたりを三連複の紐とする感じだろう

マイルチャンピオンシップを予想する 2022

イメージ
秋のマイル王を決めるマイルチャンピオンシップ 安田記念と違って、リピーターが多いレースだ ということで、予想 本命はサリオス、対抗はシュネルマイスター ともに昨年のリベンジを果たして欲しい とくにシュネルマイスターはグランアレグリアにやられた事もあって、しっかり勝ち馬券に絡んでくると予想する それでもサリオスを本命にしたのは、毎日王冠の結果が素晴らしかったからだ 単穴としては毎日王冠組のジャスティンカフェ、注目馬は富士ステークス組のセリフォス 人気馬のソダシと富士ステークス組のソウルラッシュ、ダノンスコーピオンは連対馬とした これ以外には3連勝のウインカーネリアン、なんだかんだ馬券に絡むダノンザキッド 負け続いているので、ここで巻き返したい

エリザベス女王杯を予想する 2022

イメージ
秋の女王決戦、エリザベス女王杯  ちなみに、先日エリザベス女王が崩御されたため、副題の「エリザベス女王即位70年記念」は付与されないことになったらしい このレースは苦手意識は無いが、当てた感触は無い 当てたり外れたりの繰り返しといった感じだろうか ということで、予想 秋華賞で気持ちよく勝ったスタニングローズを本命としたい 同レースで2着馬だったナミュールは注目馬とした やはり斤量有利な三歳馬が有利と思われる 対抗としては前走で力強かったイズジョーノキセキ 前回騎乗の岩田康成が騎乗停止のため、ルメールが棚ぼた騎乗というかたち 阪神の2200は直線が短いため、あそこまでの伸びを見せられるかは不安だが、ここはルメールの手綱さばきを期待したい 単穴はオールカマーでの出来が素晴らしかったジェラルディーナとした 連対馬としてはイギリス出身のムーア騎乗が騎乗するアンドヴァラナウト、一番人気なのでとりあえず抑えでデアリングタクトを選びたい これ以外に気になるのはウインを冠した馬が3頭もいること こういう場合、1頭が馬券に絡んだりする事がある

菊花賞を予想する 2022

イメージ
3歳牡馬最後のクラシック、菊花賞 今年は皐月賞(ジオグリフ)、ダービー(ドウデュース)ともに勝ち馬がいないレースとなり、少々寂しいメンバーだ 春のクラシックで結果を残せなかった馬、夏競馬で実績を積んできた馬が長い長い阪神の3000で最後の一冠を狙う ということで、予想 本命はガイアフォース 前走のセントライト記念の内容が良かった事と、キタサンブラックゆずりのしぶとい走りであることで本命とした 対抗はアスクビクターモア こちらもセントライト記念組で、ガイアフォースとの一騎打ちで負けてしまったが、過去のクラシックで良い走りをしている実績がある こちらを本命にとも思ったが、思い入れの強いキタサンブラック産駒のガイアフォースに期待したい 単穴としては、ジャスティンパレス クラシックでの成績はイマイチだが、神戸新聞杯の内容が良かったので、単穴とした 上記以外は勝てそうな馬が見当たらないので、上位3頭に絡みそうな可能性のある馬、3000という距離では何がおこるかわからないので、まぐれで2着までには絡んできそうな馬を選びたい 可能性のある馬はボルドグフーシュ、ヤマニンゼスト、ヴェローナシチー、フェーンブロッケン、セレシオンあたりだろうか 血統は魅力だがレース結果がイマイチなドゥラドーレスは外した 去年は外してしまったが、毎年当てているレースなので、今年はしっかり回収したい

秋華賞を予想する 2022

イメージ
牝馬クラシック最終戦、秋華賞 このところ負け続けているから、そろそろ巻き返したい 固そうなレースというイメージがあるが、過去10年の結果を見るとちょこちょこ二桁人気が馬券に絡んでいる 三冠牝馬を期待したいので本命はスターズオンアースにしたが、対抗としたスタニングローズの瞬発力は直線の短い阪神2000で勝ち馬となる可能性は大いにある 上記の2頭以外に単穴や星印にする馬が見当たらないので、ここは手広く買いたいと思う なので、ライラック、ナミュール、アートハウス、エグランタイン、サウンドビバーチェで連対を狙う

宝塚記念を予想する 2022

イメージ
上半期最後のG1、宝塚記念 去年は的中してしっかり回収もできたが、今年はどうだろうか 今年も人気薄が馬券に絡んできそうな雰囲気がある タイトルホルダーは天皇賞春や日経賞見て、現役最強馬と思っている 阪神での相性も良さそうだ なので、本命とした 本命以外は迷うが、対抗はオーソリティ 強い馬だと思うがG1で結果が出せていない そろそろガッツリ勝って欲しい気もする 単穴は実績十分なディープボンド、注目馬は大阪杯で強かったポタジェ この4頭のうち2頭は絡んでくるものと考えている ここに絡む連対馬はエフフォーリア、アリーヴォ これ以外に気になるのはアフリカンゴールド、ヒシイグアス 三連複の一角には入れておきたい 【6/24 修正】 オーソリティの過去実績を見ると凡戦もあり得ると判断した よって対抗をオーソリティからアリーヴォに変更 オーソリティは連対馬とする 大阪杯の上位馬は確実に馬券に絡む、という方針に切り替えたため、注目馬をポタジェからディープボンドに変更 ポタジェは単穴とし、ヒシイグアスは連対馬に変更とする 吉と出るか凶と出るか

天皇賞(春)を予想する 2022

イメージ
天皇賞(春)の季節 距離があって難しい印象だが、意外に的中率は高い ※但しトリガミ 距離適正という意味では菊花賞、阪神大賞典あたりで好走している馬が狙い目だろう なぜかステイヤーズステークス組は意外に勝ててない ということで、予想 ディープボンドとタイトルホルダーの一騎打ちかと思いきや、アイアンバローズあたりも侮れない シルヴァーソニックあたりも穴をこじ開けてくれる気がする ヒートオンビートは勝ちこそ無いが馬券には絡むかもしれない これ以外だとユーキャンスマイル、マカオンドール、テーオーロイヤルあたりも三連複の紐で買ってみたい

桜花賞を予想する 2022

イメージ
牝馬クラシック第一弾、桜花賞 まだ枠順も出走馬も決まってないけど、想定馬で予想してみる ナミュール、サークルオブライフは鉄板かな サブライムアンセムが穴、プレサージュリフトも狙い目 スターズオンアースとラブリイユアアイズも捨てがたい 他に気になる馬もいるが、現時点での予想はここまで

大阪杯を予想する 2022

イメージ
なんとなく苦手意識のある大阪杯 最近不調続き ここらで挽回したいが、苦手意識が先立ってしまう エフフォーリアとジャックドールは鉄板だと思うが、斤量有利のアカイイトが絡むんじゃないかと予想 アリーヴォあたりもルメールから武豊への乗り代わりで、流れが変わりそうだ ヒシイグアスとレイパパレも有力だ これ以外だとポタジェ、ステラリア、アフリカンゴールドも気になるが、軸には持ってこれない 三連複の紐だろう

朝日杯を予想する 2021

イメージ
2歳牡馬のG1、朝日杯フューチュリティステークス 毎年武豊の走りに期待しつつ、落胆するという年末を繰り返している ただ、今年は期待できそうだ ※そう言いつつ、先週もダメだった とりあえず予想 ◎ 9 ドウデュース  まだまだ底を見せていない 今年こそ武豊 それに期待するしか無い ○ 4 セリフォス  無敗で制覇できるか 血統的にマイル戦は強そうだ ▲ 13 ジオグリフ  先行でも追い込みでもいける器用な馬だと思う ☆ 12 トウシンマカオ  前走はキングエルメスにやられてしまった アタマは獲れないだろうけど、馬券にはしっかり絡んできそうだ △ 7 ダノンスコーピオン  勝負根性のある馬だと思う △ 11 ドーブネ  決め手に弱さを感じるが、成長を期待できるかな これ以外ではオタルエバー、トゥードジボン 2歳馬は難しいな

ジュベナイルフィリーズを予想する 2021

イメージ
ジュベナイルフィリーズの時期が来ると、いよいよ年末だという実感が湧いてくる 2歳牝馬の女王を決めるだけじゃなく、来年の桜花賞につながる重要なレース 印象としては翌週の朝日杯同様固いレースというイメージだ ということで、予想 ◎ 13 ウォーターナビレラ 順調に勝ち星を重ね、コース適性も問題無さそうだ ようやく武豊のG1勝ち星になりそうだ   ○ 10 サークルオブライフ 何となくデムーロ兄弟で武豊を押さえ込むような気がする クリスチャンの援護射撃をするかもしれない ▲ 17 ナミュール この馬を対抗しても良かったが、どっちにしてもフォーメーションの軸にはするので、どちらでもいいと判断した 阪神適正はどうだろうか ☆ なし 注目馬なし △ 16 ベルクレスタ 勝ちは無いが、馬券に絡む可能性はある △ 18 パーソナルハイ 固そうと言いつつ、穴馬を入れるとしたらこの馬 末脚に魅力あり 上記以外で気になる馬はナムラクレア、キミワクイーン、ステルナティーアあたりだろうか 1頭ぐらい内枠は抑えても良いかもしれない

マイルチャンピオンシップを予想する 2021

イメージ
先週エリザベス女王杯のボロ負けから少々意気消沈気味 春のG1シリーズは当たる順番が巡っていたが、秋は巡っていないようだ とはいえ、ここらで運を手繰り寄せたい ということで、マイルチャンピオンシップの予想 ◎ 12 グランアレグリア 疲労が気になるが、主戦とするマイル戦、おまけに引退レースなので有終の美を期待したい ○ 7 インディチャンプ グランアレグリアを負かすならこの馬 名手福永祐一騎手の手腕を期待したい ▲ 4 サリオス 勝ちきれるかは分からないが、馬券にはしっかり絡んできそうだ ☆ 3 シュネルマイスター インディチャンプ同様、グランアレグリアを負かす馬として可能性あり △ 6 ケイデンスコール 荒らすならこの馬だ 阪神では好成績だ △ 9 グレナディアガーズ 馬券には絡む可能性はある △ 11 カテドラル グレナディアガーズを買うならこの馬も買わないとつじつまがあわない よく見ると 去年の予想 とあまり変わってないな... 大丈夫か、俺...

エリザベス女王杯を予想する 2021

イメージ
先週、久しぶりに東京競馬場に行ってきた 今週も東京競馬場の予定だ この秋のG1シリーズは不調だが、そろそろ気持ちよく勝ちたい ということで、昨年に引き続きエリザベス女王杯を予想する 斤量的にも3歳馬が有利と思うが、古馬の底力も侮れない 3歳馬VSオールカマー組となると予想する ◎ 9 ウインマリリン 前走のオールカマーが良い感じだ 最後にグンっと伸びるあたりにこの馬の強さを感じる 今ノリにのってる横山武騎手だし、期待できると思う ○ 15 ウインキートス この馬もオールカマー組 好位置につければウインマリリンにも勝てると思う ▲ 1 レイパパレ オールカマーではイマイチだったが、もともと阪神での競馬は相性が良い 距離不安はあるが、ルメール騎手の手綱さばきに期待したい ☆ 3 アカイトリノムスメ 本来であればこの馬を本命としたいところだが、古馬の踏ん張りを期待したいので本命からは外した だけど、勝つ可能性はメチャクチャ高いと思う △ 4 イスノジョーノキセキ 力はあると思う 馬券に絡んで荒らす可能性があるとすればこの馬だ △ 6 ランブリングアレー 前走では成績こそイマイチだが、そろそろG1を獲れてもいい頃だ 阪神適性もあると思う 他に気になるのは3歳馬のステラリアだが、秋華賞での結果を見る限り積極的に推せなかった

菊花賞を予想する 2021 ※10/23修正 ※10/24最終

イメージ
牡馬クラシック最後の一冠、菊花賞 ホントに強い馬が勝つと言われる、菊花賞 秋華賞同様、京都での開催だ ダービー上位馬のシャフリヤール、エフフォーリアが出ないのは残念 強い馬が勝つと言いつつ、若干の格落ち感は否めない 3000mはどの馬にとっても未知の距離といいつつ、クラシックでそれなりの成績を出した馬が好成績という印象がある 前走が神戸新聞杯組かセントライト記念組の上位かも重要な要素だ 個人的には、このレースは相性がいい 最近はトリガミ続きなので、ここで気持ちよく馬券を獲りたい とうことで、予想  ◎ 14 ステラヴェローチェ この中ではアタマひとつ抜けてる ここは鉄板じゃないかと思いたいが、パゴ産駒ってどうなんだろうか 母系で見る限り問題なそうだが... 〇 2 アサマノイタズラ クラシック二戦ではいい成績は残せてないが、ここにきて上がっている 前走はあきらかに菊花賞を意識したレース運びだったと考えている ▲ 5 レッドジェネシス アサマノイタズラ同様、クラシックで華々しい戦績はないが、前走が良い走りだと思ったので▲とした △ 7 ディープモンスター ちょっと迷いどころ 武豊を信じたい それだけ △ 10 モンテディオ 神戸新聞杯上位組なので△ △ 18 オーソクレース セントライト記念上位組 ホープフルSでも上位だ ただ、レッドジェネシスと印を入れ替えるか迷い中 他に気になる馬としてはヴェローチェオロ 直前の阪神でいい走りをしていたこととゴールドシップ産駒なので、阪神では走るかもしれない ディープモンスターと迷う 【10/23変更】 穴としてヴェローチェオロも買い目に入れることにした よって以下のとおりで確定だ ディープモンスターを消せないのは武豊ファンとしての気持ちかな 【10/24最終】 やはりヴェローチェオロ、モンテディオは外す 無理に買い増しすることもないと判断した 穴はディープモンスターだけにする 迷うレースはだいたい獲れないんだよなぁ...  

秋華賞を予想する 2021 ※10/17修正

イメージ
競馬関連のブログを書き始めて丁度1年たった 自分の予想方法は時計、過去レースの参考、血統を見るというやり方だ 競馬関連のブログを書いていて思うのは、以前は予想したものをアタマの中でモヤモヤと朧気にしていたので、何でこの馬を選んだのか外したのかと言う理由を忘れてしまうことが多かった だが、文字として具体的に残すことによって、後々のデータとしても使えることが生きている それがこの一年はちょっとばかりプラスになっているのかなと思っている なので、競馬を続ける限りこのブログは続けていこうと思う さて牝馬クラシック最後のレース、秋華賞 去年と違い今年は阪神競馬場で開催だ どうも牝馬クラシックが苦手で、上手いこと馬券を獲れていない このレースでどうにか苦手を克服したい という事で予想だが、 ◎ 14 ファインルージュ 前走紫苑Sのレース結果が良かった 阪神適正も問題なし これにつきる ○ 11 ユーバーレーベン オークス馬で、阪神適正もミルコ・デムーロ騎手との相性も良さそうだ ▲ 16 ミスフィガロ 紫苑S組 3着とはいえ最後のひと伸びは捨てがたい 前走マカヒキを勝利に導いた藤岡康太騎手にも期待したい ☆ 2 ステラリア 前々走の忘れな草賞は良い走りだったが、前走オークスは川田将雅騎手の戦略ミスだと考えている 中段で足をしっかり溜める武豊騎手に期待したい △ 4 ソダシ 外せない人気馬だが、勝ちきれるかどうか 馬券に絡んでくる可能性は高いと思う △ 12 アカイトリノムスメ オークス2着馬だが、東京向きかな 阪神で通用するかな その他気になった馬としては、紫苑S組のスルーセブンシーズ は最後のひと伸びが弱い印象 エイシンヒテンはソダシとの先行争いで力尽きるだろう アンドヴァラナウトはけっこう迷ったが、強い馬とのレースが未経験な点をマイナスとした と言いつつ、ガチガチの人気上位馬で決着がつきそうな気がする.... 【10/17修正】 天気のことを考えて道悪実績のあるスルーセブンシーズも加えることにした ついでに▲をスルーセブンシーズとし、ミスフィガロは△とした どう転ぶだろうか...

毎日王冠、京都大賞典を予想する

イメージ
毎日王冠と京都大賞典、どちらも秋のG1シリーズへのステップレース まずは毎日王冠 ここは安田記念上位組が有利と考えた なにしろレベルの高いレースだったと思う あとは東京の長い直線には力が要求されるので、東京向きの馬はどれかで考えた ◎ 7 ダノンキングリー ○ 1 シュネルマイスター ▲ 6 カデナ △ 2 サンレイポケット △ 5 ポタジェ △ 8 ダイワキャグニー 上位2頭で決まりと思うが、カデナあたりが空気を読まずに2着あたりに食い込んでくるかもしれない 3着争いは東京向き、このコースに合ってそうな馬を選んでみた つぎに京都大賞典 ◎ 1 アイアンバローズ ○ 11 キセキ ▲ 14 ヒートオンビート △ 9 アリストテレス ラスト3ハロンの決め手を出せるかどうか、阪神向きかどうかを基準に考えた 最後の足基準なら斤量の低いアイアンバローズ、目黒記念で強かったヒートオンビートあたりかと思う キセキは前半でしっかり足を溜めておけばこの相手なら勝てる可能性は十分ある アリストテレスは勝ちは無くとも上位に割って入ることを期待したい

宝塚記念を予想する

イメージ
今年前半を締めくくるグランプリレース、宝塚記念 若干ちょい荒れのレース 天候の悪い時期ということもあって、一筋縄でいかない 有馬記念ほど豪華さは無いが、レースとしての面白さはひけをとらない ということで、予想してみた ◎ 2 レイパパレ ○ 7 クロノジェネシス ▲ 9 アリストテレス ☆ 1 ユニコーンライオン △ 10 カレンブーケドール △ 11 モッズベッロ 今年は牝馬が強いね 普通に考えたらレイパパレとクロノジェネシスのワンツーで、3着に何が入るか、となるでしょう とくにこの2頭は道悪でも関係なく強く、日曜日は雨予報なので、まぁ間違い無いかな~ ユニコーンライオンとレイパパレでハナの取り合いになるけど、道悪でスピードは乗らないので、中段前めで足をじっくり溜めた馬が差し切る、または2,3着のイメージ アリストテレスは中段でじわじわと走り、最後の直線で「あれ?」という武豊マジックを期待したい カレンブーケドールはそろそろ勝ってもいい頃だけど、人気が高くて馬券が面白くないのであえて△とした モッズベッロは大阪杯でのレイパパレとは勝負はついているので、勝ちきれないと判断した このレースは一番人気の信頼性が低い カデナかキセキが食い込んだりしたら笑っちゃうな 予想の工程を動画にしてみました

天皇賞(春)を予想する

イメージ
武豊復帰! 乗る馬は微妙な馬だけど、武豊がいるだけでなんとなく安心する それにしても難しいレースだ 何が勝つのか、いや何が勝ってもおかしくない むしろここは印をつけなかった馬の理由を考えたい 基本的に阪神大賞典組と日経賞組の争いと考えているので、基本的にそれ以外は外した なので、ディアスティマ、マカヒキ、ディバインフォース、ゴースト、メロディレーン、オーソリティは外すことになるが、気になるのはディアスティマ 前走が同じコースで上り調子なので、ここは悩みどころ オーソリティはオルフェーヴル産駒なのだが、東京コースで強い感じに見えるので外した 阪神大賞典組と日経賞組で外したのはシロニィ、ジャコマル、メイショウテンゲン、ナムラドノヴァン、オセアグレイト ここで悩みどころはナムラドノヴァン あくまで選んだ馬と比べるとわずかの差で落ちる気がしている ということで、予想は ◎ 7 ユーキャンスマイル ○ 14 ウィンマリリン ▲ 3 カレンブーケドール ☆ 12 ディープボンド △ 1 ワールドプレミア △ 2 アリストテレス △以外はすべて軸とする 三連複のヒモで先に書いた印をつけてない2頭もいれるだろう

桜花賞を予想する

イメージ
春の牝馬クラシック第一弾、桜花賞 なんと言ってもソダシだと思うが、対抗できそうな馬も何頭かいる やはり基準は1分33秒台、上がり34秒台が基準になる ◎ 4 ソダシ  好位置だし問題ないでしょう 鉄板 ○ 18 サトノレイナス  外枠分不利かな ソダシより実力は上と思っている ▲ 5 アカイトリノムスメ  クイーンカップ組は何かやってくれそうな気配 ☆ 10 アールドヴィーヴル  これもクイーンカップ組 ミルコが頑張りそう △ 8 メイケイエール  暴れ馬をヨコテンさんがどう乗りこなすか注目 △ 13 エリザベスタワー  前走あの暴れっぷりのメイケイエールに勝ちきれなかったのはマイナス