D850雑感

去年Z6IIを購入した時は、最初はZ6IIとD500の2台体制を考えていた メインカメラはミラーレスとなるが、一眼レフは持っておきたいという思い、動体ものは一眼レフに一日の長がある、メカシャッターの音と振動、質感、重量感、光学式ファインダーは代えがたい魅力がある
そこで、連写機能と高感度に優れたD500を残し、D810を下取りにしてZ6IIを購入した

ところが、Z6IIを購入して数日後、D500を下取りにしてD850を購入した

なぜか

D810で高画素フルサイズの魅力に取り憑かれてしまったことだ D850はD810よりさらに高画素(3635万画素→4575万画素)であったが、高感度(12800→25600)と連写性能(5/秒→7/秒)が大きく向上している
また、Z7IIが発売されたせいかD850の中古機の値段がけっこう下がり、撮影サンプルや紹介動画、レビュー動画を見ているうちに、購入を考えるようになった

あと、Nikonの一眼レフの新製品は製造されないという噂もあり、最後に持つ一眼レフならAPS-Cよりフルサイズ、そして高画素機であるD850と思い、購入を決めた

まぁ、そんなことよりも本機の使用感だ
重量はD810やD500なんかよりも重いのだが、グリップがしっかりしているせいかカタログスペックより重さは感じない 高精細さは安いレンズを使ってもはっきりとわかる なので、本機に見合うレンズが必要となる 50mm F1.8では物足りず、58mm F1.4に買い換えた 正直58mm F1.4はじゃじゃ馬のようなレンズだが、絞って使うとそのシャープさに感動する なので、D850との組み合わせではトリミングをしてもその精細さは目を見張るものがある


左はD850+58mm F1.4 
トリミングあり










高感度についても、とくに問題は感じない まだ星景写真は撮ってないが、暗所性能もD810、D500より優れていることは使っていて感じる


暗所ノイズは目立たない











連写性能はまだ試せていない はやく東京競馬場に気楽に行けるようになることを願うばかりだ

総じて、良いカメラだと思う 本機は単焦点レンズを使った撮影が中心になると思う

参考動画:
花を撮る 2021年2月: 

秩父の桜 @20210327: 

弘法山の桜 @20210403: 


今は標準ズームレンスとして使用している24-105 F4を単焦点の24mm F1.4に変えるかどうか思案中

使用機材:
カメラ:D850
レンズ:AF-S NIKKOR 58mm F1.4G

コメント

このブログの人気の投稿

自分の趣味は何だろう?

東京オリンピックでのワンシーン