チープなフィルムカメラ

チープなフィルムカメラ、KODAK EKTAR H35 と AgfaPhoto Analoge 35mm の2つをAmazonで購入した

フィルムカメラはNikonのFEを持っているが、レンズを装着するとちょっと大きく重量も嵩む なので、気軽に撮れるカメラが欲しくなったが、コンパクトなフィルムカメラはけっこう高い そんな時に見つけたのがこの2つだ

まずはAGFA
光量が十分ある場所ではとくに問題ない

逆光撮影では盛大にフレア発生

暗所では想定どおりノイズだらけ

やっぱりこの手のカメラはフィルムのISO感度が100では厳しいかもしれない

お次はEKTAR H35 ちなみにEKTARはハーフフレーム PENへの憧れもあってハーフフレームを使ってみたかった

一枚の写真でまとめるとこんな感じ

トリミングしたものはこちら


ちなみにそれぞれのカメラの性能は、

・AgfaPhoto Analoge 35mm
 焦点距離:31mm
 絞り:F9.0
 SS:1/120秒

・KODAK EKTAR H35
 焦点距離:22mm
 絞り:F9.5
 SS:1/100秒

写りは同じようなもんかと思ったら、なぜか現像できなかったものはAgfaのが多く、EKTARの方がしっかり写っているものが多かった 両カメラとも光量不十分な室内ではフラッシュ必須なのは言うまでもない 

ハーフフレームは撮り方さえ考えれば、ストーリー的な写真が撮れる ちょっと変わったものが撮りたい時は良いかもしれない




コメント

このブログの人気の投稿

自分の趣味は何だろう?

あえて古いマクロレンズを使う