X-T5が欲しくなってきたが、Z6IIIへの希望は持ち続けたい

X-T5の詳細が出てきた ちょっとヤバい、欲しくなってきちゃったよ

富士フイルム「X-T5」のスペックシートと価格に関する情報 (デジカメinfo)
富士フイルム「X-T5」の画像 (デジカメinfo)

※画像はFuji Rumorsさんより拝借


デジカメinfoさんからの情報から抜粋すると、
- 有効4020万画素 APS-C X-Trans CMOS 5 HRセンサー
- 超音波式センサークリーニング
- ISO125-12800、拡張でISO80-51200
- 手ブレ補正は最大7段分の効果
- 電子手ブレ補正:あり(動画のみ)
- ISブーストモード:あり(動画のみ)
- シャッター速度は最高1/8000秒(メカシャッター、電子先幕)、1/180000秒(電子シャッター)
- 連写は20コマ/秒(電子シャッター)、15コマ/秒(メカシャッター)
- AFはコントラストと位相差のハイブリッド
- 低輝度AFはコントラストで-4.0EV、位相差で-7.0EV
- EVFは0.5インチ、369万ドット有機EL、アイポイント24mm、倍率0.80倍
- モニタは3型3方向チルト、タッチパネル、184万ドット
- 動画は6.2K30p、DCI4K60p、4K60p、フルHD60p、フルHDハイスピード240p
- フィルムシミュレーション19モード
- Wi-Fi
- USB Type-C(USB3.2 Gen2x1)、HDMI端子(TypeD)、3.5mmマイク端子、2.5mmリモート端子、シンクロ端子
- バッテリーNP-W235
- バッテリーライフ740枚(エコモード)、580枚(ノーマルモード)
- 大きさ129.5mm x 91mm x 63.8mm
- 重さ557g(バッテリーとメモリカード含む)、476g(本体のみ)

個人的に注目した点は大きさだ なんとX-T3より小さくなってる 性能が大幅にアップデートしたにもかかわらず、サイズを小さくするとは!!
サイズが小さくなるという事前情報はあったが、手ぶれ補正機能が省かれる可能性もあったが、しっかりそれは維持している いやー、こりゃすげーや

前回の記事ではX-T5は買わないだろうと書いたが、ちょっと迷ってきてしまった


ちなみにNikonはというと、Z7II、Z5のキャッシュバックキャンペーンをこの時期に始めるあたり、Z7II後継機が出てくる雰囲気(Z8?)は満々で、Z6IIの後継機はZ5系統に統一されそうだ Z5系統の入門機、Z7系統の高画素機と極端な両系統に集約され、Z6系統のミドル系が無くなるのであれば、いっそZ9に変えてしまうこともあり得るかなとも考えている
※そういえばZの5,7,9の型番は奇数だから、6というのはイレギュラーなのかもしれない 

でもね、自分はプロカメラマンでなく、素人の趣味人だ
メカシャッターが無いカメラには抵抗があるんだよな
それ以前にZ9は値段も高いし、身分不相応という意識は拭いきれない

当面Nikon機はZ6IIを使い続けることになりそうだが、Z5後継機がZ6系統を受け継ぎ、入門機はZ50等のAPS-C機という位置づけになるのであれば話は別だ Z5後継機の購入を検討するだろう

コメント

このブログの人気の投稿

自分の趣味は何だろう?

あえて古いマクロレンズを使う